環境事業部てぃーだEnvironment

沖縄の海と、
明日の暮らしを守る開発をサポート。

美しく、命あふれる沖縄の海。近年、温暖化や海水の汚染等が原因で、サンゴの白化がますます進んでいます。この海を守ることが、きっと未来の豊かな沖縄へとつながるのではないかと考えています。私たちりゅうせき商事は、赤土の流出防止や、濁水を綺麗にするシステム、また環境を壊さない開発工法の提案を通じて、この沖縄の豊かな海を未来へと繋いでいきます。

ENVIRONMENT

資材販売環境を守る資材

取扱商材

土壌団粒化剤「ポリソイル」

  • りゅうせき商事独自の土壌団粒化剤

    ポリソイルとは、非イオン系高分子からなる土壌浸食防止剤です。土壌表面に散布するだけで、土粒子間に浸透し、団結・団粒化します。
    平面・法面の雨水侵食防止や、種子流出防止、飛散防止に著しい効果を発揮します。

    高い安全性と経済性

    ポリソイルは、有害な物質・重金属等を含んでおらず、原料も油系薬剤とは異なり水溶性で安全。また、pHも中性で、酸性・アルカリ性どちらの土壌にも使用可能です。施工により、土壌のpHを変えることもなく、自然環境にも負荷を与えません。だからこそ、農業用地や種子散布等に使用した場合でも植物の発芽や成長過程を阻害することもありません。

取扱商材

その他、資材販売

  • その他、資材販売

    • 軟弱土壌の土壌改良剤
    • 汚染土壌の土壌改良剤
    • 濁水処理剤
    • その他

赤土流出防止工法コストと工期を短縮しつつ、環境に優しい「開発」を実現できるソリューションを提供しています。

  1. 工法

    土壌団粒化剤ポリソイル
    吹付工

      • 土壌団粒化剤による、赤土の侵食・流出防止

        工事や災害現場におけるポリソイルの施工は、土壌表面に散布するだけ。散布後は、ただちに薬剤が土粒子間へ浸透し、約24時間後には乾燥して土粒子を団粒化させます。また、種子や肥料・植生基盤材等と組み合わせることで、さまざまな工法に適用し、平面・法面・水路面・道路面・開発地・農業用地等に幅広く利用することも可能です。

        ※散布後の乾燥時間は、気象条件、施工面の地形・地質・土壌等によって異なります。同様に団粒構造の継続期間も気象条件、地形・気質・土壌等によって異なります。

      • 施工性・経済性に優れた工法

        散布する薬剤は工事現場の河川水で希釈可能。また、施工後の団粒構造が長期にわたり継続して保持されるなど、経済性でも良い評価を得ており、これまでに沖縄県内で幅広い工事現場で活用され、その効果も高く評価していただいています。

  2. 詳しい資料はこちらから
  3. 工法

    濁水処理プラントレンタル
    「ぴたシステム」

      • 短時間・連続処理での濁水処理を可能に

        赤土濁水を短時間・連続的に処理でき、発生影響を最少に抑え、環境の再生を促します。プラントサイズを工事現場のスペースに合わせて選べ、省スペース、省コスト方式の「ぴたシステム」はあらゆる開発を効率的にサポートします。

  4. 詳しい資料はこちらから
  5. 法面工事鉄筋挿入工、法面保護工、法面緑化工などの施工

  6. 工法

    鉄筋挿入工
    SD(スタンドドライブ)工法

      • 足場やクレーンを使わず鉄筋を挿入可能に

        工事現場で足場やクレーンを使用せずに、一般的なロックボルト工が施行できます。作業環境が厳しい現場でも使用可能。また、独自の環境対策装置の開発により、現場周辺への騒音や粉塵による影響を最小限に抑えることも可能です。

      • コストと工期の削減を実現

        従来の仮説足場による削孔工に比べ、約30%程度のコストダウンが見込めます。工期の短縮、交通規制も最小限に抑えることができるため、工事全体でのコストダウンにも貢献できる工法となっています。

  7. 工法

    その他、法面工事について

      • 下記のように、幅広い法面工事の対応可能です。

        • 植生(厚層)基材吹付工
        • モルタル吹付工
        • 植生シート工
        • 植生マット工
        • 法枠工/吹付枠工

環境リサイクル事業企業の事業活動により排出される産業廃棄物の収集運搬を行なっております。

産業廃棄物収集運搬業

当社は、環境リサイクル事業の一環として、沖縄県の「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得しており、現在は県内のカー用品量販店、自動車販売事業者から排出される廃タイヤの収集運搬を中心に活動しております。

Contactお問い合わせ

お問い合わせは
こちらから